広鼻が気になるならば信頼できるクリニックで相談を

広鼻のお顔というのは結構愛嬌がある感じの場合が多く、更に、小鼻が開いていると金運に恵まれるなどと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、女性の場合でしたら、鼻が大きい感じがして気になるということはあるでしょう。特に鼻の高さもある場合は、鼻が顔の中でかなり存在感が持ってしまうので、できればなんとかしたいと感じている人も少なくないかもしれません。広鼻を気にしている場合は自分でプチ整形にしようとか決めないで、まずは信頼できるクリニックで相談をしてみたほうがよいでしょう。多くのクリニックではメール相談や無料カウンセリングを行っていますので、気楽に相談してみるとよいでしょう。鼻骨骨切りをする場合、手術時間は90分くらいと言われますが、ケースバイケースでしょう。顔の中心にある鼻の手術ですから、自分が納得できる広鼻治療法を選ぶことがとても大切です。

広鼻を鼻骨骨切りですっきり鼻筋の通った鼻にしよう

鼻のてっぺんが丸くて小鼻が広いと、穏やかな優しい感じ、親しみやすい感じがしやすいでしょう。小鼻があまりにも広くなければ、広鼻というのはチャームポイントにもなりやすい鼻であると言えるでしょう。しかし、小鼻が広すぎる場合は、正面から見ると顔の中で鼻の占める割合が多くなってしまいます。女性であれば、気にする人がいても不思議ではありません。人によりますが、広鼻をきれいな鼻筋の通った鼻にしたい場合は「鼻骨骨切り」という方法がよいかもしれません。これは欧米では珍しい手術ではありません。欧米人は私たちアジア人に比べると、鼻がとても大きいです。大きいというかとても高いので、鼻の手術というのは珍しくありません。ところが、アジア人では一般の人の場合、二重瞼の手術ほどは行っている人が多くないですので、不安に感じる人も多いかもしれません。広鼻の手術を検討している場合、信頼できるクリニックを探し、少し休暇を取れる時に安心して受けられるように計画しましょう。

広鼻に関する特徴について

鼻が大きくなっている感じられている方に関しては、広鼻いわれる状態である事が大きくなっています。これに関しては鼻の横幅について広い事を指しており、美容整形においては鼻骨骨切り手術と言われている手術が行われます。反対に魔女鼻であるならば、ハンプ切除によって鼻を低くしていくことが出来ます。また、広鼻による手術の場合には、エラ骨や顎削りと違い、電動のこぎりのような削り方をすることなく、細いノミによって小さく削るようにします。また、クローズ法やオープン法がございますが、現在ではオープン法が一般的に行われています。また、傷跡にこだわっているような医師であるならば、オープン法と言われても拡大鏡を使用した上で2~3ミリ程度による切開となります。また、クローズ法は鼻腔内からによる操作では鼻根部分に関しては上手に切開することができない事がよくあります。また、この手術では鼻骨や上顎骨前頭突起といわれる場所を切話して、内側に転位していく事によって幅寄せをすることが出来ますので、狙っているイメージをカウンセリングによってしっかりと話し合っていく事が必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)